クレジットカードのキャッシング機能と限度額

クレジットカードといえば買い物をする際の支払いに利用するショッピング機能のイメージが強いですが、キャッシング機能もついているのをご存知でしょうか。ショッピング機能は、カード会社が先に代金を支払っておいてくれるから、後でその代金と手数料を支払うといった内容です。キャッシング機能は、カード会社からお金を借りるから、翌月全額支払うといった内容です。ちなみにキャッシングとカードローンの主な違いは、キャッシングが一括で返済するのに対し、カードローンは通常分割で返済するところにあります。そして、通常クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能には限度額が設けられます。ここで勘違いしがちなのが、キャッシング限度額はショッピング限度額に含まれるということです。例えばショッピング限度額が30万円、キャッシング限度額が10万円の場合、10万円のキャッシングをしたら、ショッピング限度額の残額は20万円になります。この仕組みを理解していないと、ショッピング限度額いっぱいの買物をした後、キャッシングをしようと思っていたのに出来なかった、という事態になりかねませんので、注意が必要ですね。