父がクレジットカードを作成しました

私は何枚もクレジットカードを作成しましたが、両親は1枚も所持していませんでした。普段の買い物は全て現金で支払っており、特に不自由に感じることはないようでしたが、もしもの時のために作成することを勧めました。最初は必要はないと考えていた父ですが、根気よく説得をしていたら納得してくれたようで作成することになりました。定年退職を迎え現在の収入は年金のみですが問題なく作成することができました。年金も安定した収入ですからね。昔に比べると種類にもよるのでしょうが、審査が通りやすくなったように感じます。カードが手元に届いたので早速携帯電話の支払いをクレジットカードで行うように手続きをしました。これから少しずつ使用頻度を増やして慣れていってもらいたいと思います。

海外旅行にはクレジットカードを持って行きましょう!

海外旅行にこそ、クレジットカードを持っていくべきだと言えます。現在の主要のカードはほとんど海外での利用にも対応しています。まず、ゴールド以上グレードのカードを持っている場合、主要国際空港のラウンジが利用できます。また、クレジットカードには海外旅行中の保険も付いているので、万が一旅行中に病気や怪我をしてしまった場合でも保険金を受け取ることができるので安心です。この保険金の額はカードのグレードが高いほど多くなります。そして、海外で日本円以外の通貨に両替をすると、必ず手数料をとられてしまいます。高額になると、これも馬鹿になりません。ですが、クレジットカードを使って海外でキャッシングを行うと、その手数料が掛からないので、日本円を現地で両替するよりお得です。もちろん現地の通過で借入れが行えます。この場合、借入れた額に応じた利息が発生しますが、1回払いで支払うと両替の手数料よりお得なことがほとんとです。海外旅行の予定がある人は、出発前にキャッシング枠を日本で使い切ってしまわないように気をつけて利用してください。