クレジットカードのリボ払い変更は躊躇われる

 クレジットカードを作成すると、そのクレジットカード会社から定期的にメルマガが送られてきます。メルマガは週に1回あるかないかくらいですのでそのまま受け取るようにしているのですが、多いのはリボ払い変更へのお誘いです。 クレジットカード会社からすれば、利用者がリボ払いを利用したほうが手数料を取れるので儲かります。クレジットカード会社が1人の消費者で継続的に利益を得たいなら、リボ払いに変更してもらったほうが良いです。 ただ、利用者側からすればそれは困ることなので、リボ払いへ変更しようとはなかなか思えません。それが便利で使いやすいのはわかるのですが、そのために手数料を払っていくのは躊躇われてしまいます。ですので、リボ払いへの変更は誘われてもなかなか考えられないのです。

クレジットカードを賢く使いこなそう

私にとってはクレジットカードは生活に欠かせないツールとなっています。手元に現金が無いときはもちろん、カード支払いでポイントもつきますしネット通販をよく利用するのでカード決済が早いし楽なので支払いは専らカードで済ませています。知人は普段のスーパーでの買い物で一万円を超えたらカードをきり、どこのカード会社かは分かりませんが利用金額に応じてギフトカードが送られてくるようです。カードなしで買い物していたら受けられる特典も受けられないので、賢く使いこなせるようになればしめたものです。海外に初めて行ったときに痛感したのですが、カードで支払いが主流だと知らなくて会計の時に小銭を探しているとどの店でも店員にかなりイライラされました。他の観光客を見てみると皆カードでスマートに精算していたので海外での買い物はこれからはカードで支払おうと思います。