毎日の生活にクレジットカードを使う

私は以前からクレジットカードは所有してるものの、中々使う機会がなかったのです。お店で何か商品を購入してクレジットカードを提示するのが手間がかかるし、お店の人にも迷惑をかけているような嫌な感じがするのです。

その理由は、伝票にサインをしたりと商品購入の手続きに結構時間がかかってしまうという事があります。レジで後ろにお客さんが並んでいたら、相当に不満だと思います。少なくとも私が並んでる側だったら「現金出してくれよ」と思うはずです。

ただ、最近ではサインをせずにすぐにクレジットカード決済をするショップは増えてきており、使いやすくなってきているのです。

買い物がスムーズに行えるクレジットカード

あらゆる場面でクレジットカードは非常に役立ちます。
買い物は昔は限られたところでしか使えなかったイメージがありましたが、
ネットから実店舗まであらゆる所でカード決済が可能になってきています。
スーパーやコンビニなどの日常生活でよく使う場所でもクレジットカードが使えるようになっているのは、
利便性を考えると非常に大きな進歩です。
やはり頻繁に利用して、小銭が出やすいこうしたお店でカード決済ができるのは大変ありがたいことです。
金額が小さい買い物でもカードが使えるようになったことで、カード利用の幅は非常に広がり、
便利だということで今まで現金派だった人もカードに変える人が多くなっています。

クレジットカードのキャッシングは金利が高い

 クレジットカードのキャッシング機能は便利でとても使いやすい反面、金利が結構高いという特徴があります。それは、普通にお金を借りるとしたら手間になるであろう面倒な手続きをしなくても良いというその便利さが金利を高くしていると私は思います。

 つまり、すぐに融資できるけれどその分手数料が高くつく、ということを意味していると思います。ですから、どうしようもないくらいそのときお金が必要だというのならば構いませんが、そうではなくて「ちょっとお金が足りないから」というくらいの理由ならば、クレジットカードのキャッシングを無闇にすべきではないと私は思っています。