クレジットカードのキャッシング機能と限度額

クレジットカードといえば買い物をする際の支払いに利用するショッピング機能のイメージが強いですが、キャッシング機能もついているのをご存知でしょうか。ショッピング機能は、カード会社が先に代金を支払っておいてくれるから、後でその代金と手数料を支払うといった内容です。キャッシング機能は、カード会社からお金を借りるから、翌月全額支払うといった内容です。ちなみにキャッシングとカードローンの主な違いは、キャッシングが一括で返済するのに対し、カードローンは通常分割で返済するところにあります。そして、通常クレジットカードのショッピング機能とキャッシング機能には限度額が設けられます。ここで勘違いしがちなのが、キャッシング限度額はショッピング限度額に含まれるということです。例えばショッピング限度額が30万円、キャッシング限度額が10万円の場合、10万円のキャッシングをしたら、ショッピング限度額の残額は20万円になります。この仕組みを理解していないと、ショッピング限度額いっぱいの買物をした後、キャッシングをしようと思っていたのに出来なかった、という事態になりかねませんので、注意が必要ですね。

大人への第一歩

大学を卒業し社会人として働き始めたことをきっかけに、クレジットカードをつくることにしました。特別な志があったわけでなく、同期の連中がつくるというのでそれに同調した感じです。選んだのが20代までの若年層に向けて提供されているクレジットカードです。審査が通過しやすく結果が分かるまで短時間なところと年会費なるものが一切かからないというのが魅力で選んだ理由です。カードは申し込んでから約1週間もかからないうちに手元に届けられました。特別なお店で買い物しなくても、ネットやコンビニなどで買い物することでポイントなどがたまるシステムがお気に入りです。また会計時にカードで支払いすることが、とても大人に見えて少し誇らしい気分になります。

父がクレジットカードを作成しました

私は何枚もクレジットカードを作成しましたが、両親は1枚も所持していませんでした。普段の買い物は全て現金で支払っており、特に不自由に感じることはないようでしたが、もしもの時のために作成することを勧めました。最初は必要はないと考えていた父ですが、根気よく説得をしていたら納得してくれたようで作成することになりました。定年退職を迎え現在の収入は年金のみですが問題なく作成することができました。年金も安定した収入ですからね。昔に比べると種類にもよるのでしょうが、審査が通りやすくなったように感じます。カードが手元に届いたので早速携帯電話の支払いをクレジットカードで行うように手続きをしました。これから少しずつ使用頻度を増やして慣れていってもらいたいと思います。

海外旅行にはクレジットカードを持って行きましょう!

海外旅行にこそ、クレジットカードを持っていくべきだと言えます。現在の主要のカードはほとんど海外での利用にも対応しています。まず、ゴールド以上グレードのカードを持っている場合、主要国際空港のラウンジが利用できます。また、クレジットカードには海外旅行中の保険も付いているので、万が一旅行中に病気や怪我をしてしまった場合でも保険金を受け取ることができるので安心です。この保険金の額はカードのグレードが高いほど多くなります。そして、海外で日本円以外の通貨に両替をすると、必ず手数料をとられてしまいます。高額になると、これも馬鹿になりません。ですが、クレジットカードを使って海外でキャッシングを行うと、その手数料が掛からないので、日本円を現地で両替するよりお得です。もちろん現地の通過で借入れが行えます。この場合、借入れた額に応じた利息が発生しますが、1回払いで支払うと両替の手数料よりお得なことがほとんとです。海外旅行の予定がある人は、出発前にキャッシング枠を日本で使い切ってしまわないように気をつけて利用してください。

クレジットカードでパソコンを購入

給料日の5日くらい前に、突然パソコンが壊れてしまいました。給料を貰ってからの購入も考えましたが、パソコンはないと不便なのでクレジットカードを使用して購入することにしました。普段はネットショッピング以外であまり使用することがないのですが、こういう時は持っていると大変便利です。現金での支払いに比べて、購入店舗でのポイントは若干少なかったのですが、クレジットカードのポイントが付くので寧ろプラスのような気がします。今後も基本的には現金の持ち合わせがあれば、現金で支払うつもりですがクレジットカードを使用するのも悪くはないと思いました。大金を持ち歩くことに、やや不安を感じることもありますからね。支払金額を確りよけておいたので、引き落としも全く問題ありませんでした。計画的に使用すればこれほど便利なものはないですね。

どうしてクレジットカードで商品が買えるのか

どうしてクレジットカードを使うと色々な物が買えるのか疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。これはカード会社が本人に代わって支払っているからなんですね。当然の事ながらそれだけでは損をしてしまいますから、後ほど本人に請求するという事になります。ただし銀行振り込みの様な仕組みではなくて、自動的に口座から引き落とされるという様な仕組みになっているのが普通です。毎月の何日に自動的にそうなる様になっているのです。ですのでクレジットカードを利用する際にはその様な仕組みに同意しなくてはいけません。もし口座の残高が少ないという事態になってしまうと今後のカードの利用ができなくなってしまいますので注意しておきましょう。

何でも買い物はクレジットカードでお得

私は日常での買い物をクレジットカードを使える場合は全てカードで払っております。どんな少額でもカードが使えるお店であれば使います。例えばスーパーで100円だけ使った場合でもカード払いをしております。現金でもカードでも結局同じ額を消費するのですから、カードを使ってポイントを貯めた方が絶対にお得だと思います。私が今使っているカードは年会費や会員費は一切かかりませんし、通常のポイントとは別に年間で100万円以上利用すると1万ポイント(現金1万円相当)のボーナスが貰えるのでとてもお得です。インターネットを利用すれば自分がいつどこでいくら使ったかもすぐに見れますし、財布の中が小銭であふれて邪魔になる事も無いのでカードが利用できる場所では全てカード払いをした方が私は良いと思っております。

クレジットカードの有効なポイントの貯め方について

クレジットカードを所有することが簡単になって、複数枚のクレジットカードを所有している人も多いと思います。しかしながら、実際にポイントうまく貯めて有効な使い方をするためにはやはり1枚にまとめたほうがお得になります。また、自分のライフスタイルに合わせたクレジットカードを持っていないと、実際に利用できる商品券やポイント等は満足できないこともあります。こうした事態を稼ぐためにあらかじめ自分自身でクレジットカードの還元率や変更できる商品券などを確認しておき、後で後悔しないことを考えましょう。そうすることで1枚にクレジットカードを集約して有効にお買い物することができるようになります。結果的にポイント還元もうまくできるのでお買い物が便利になります。

ブックマークへの登録も大事

クレジットカードを利用したいと思っている人で、ポイントを大量に貯めることを前提にしているなら、まずはブックマークをしなければならないサイトがあります。それが、サイトを経由してポイントを増やすことの出来るページです。ここにアクセスしてから、買い物をしておくことによって、多くの金額がポイントとして還元されることになります。もしブックマークをしていなかった場合、クレジットカードの経由を忘れてしまって、ポイントが伸びないこともあります。サイトによっては、ログインしなければそうした部分が見えてこないこともありますので、その場合はログインページにブックマークをしておき、それを見たら買い物の前にやらなければという印象を持たせるようにします。

チケットJCBで様々なお芝居を楽しんでいます

JCBカードを10年以上愛用しています。「チケットJCB」というサービスがあり、コンサートやお芝居、スポーツなどのチケットを優先予約出来ます。私は演劇が好きで、中でも宝塚歌劇が大好きです。人気のある公演だと普通ならチケットが取りにくいものも、このサービスを利用することで、確実に予約が出来ます。JCB会員のみの貸切公演もあってお得です。これを初めて利用して、実際の宝塚歌劇を見たときの感動は忘れられません。JCBカードを作って本当に良かったと思いました。宝塚以外にもコンサートやディズニーランドのイベントの予約がこのサービスを通してまとめて出来、あちこちのチケット予約サイトに登録しなくても良いので本当に楽です。これからもこのサービスを利用して、趣味の演劇鑑賞を続けていきたいと思っています。