便利にお得に利用出来るクレジットカード

地元にマルイがあったので何となくエポスカードに入会しました。以前は年会費千円かかりましたが、現在は無料なのです。そして、かなりの年月利用していたらエポスからゴールドカードへのインヴィテーションが来てその流れでゴールドカードデビューしました。ゴールドでも年会費が永年無料です。エポスカード提示で割引になる飲食店のお店等元々ありましたが、ゴールド会員になり優待サービスを受けられるお店がかなり増えました。ホテルや空港等のラウンジサービスも有ります。そしてマルイ利用者には有り難いのが、お買い物時に使えるポイントが貯まるのと、ネット通販の送料がいつでも半額なのでかなりお得にお買い物が出来るのが嬉しいです。リボ払いにすると更にポイントが倍付きます。

アメックスのポイントってどうなの?

空港にいくとアメックスカードの勧誘とかあって、なんかブランド力高そうだなあって思うんですけど、実際ポイントってどうなんだろう?
100円で1ポイント貯まるそうですが、ポイントで支払いに回すとなんと1ポイントにつき0.3円にしかならない。0.3%還元ってずいぶん低いなあと思いますね。なんかちょっとがっかりな感じでした。

クレジットカードの1番のメリット

クレジットカードを利用するようになって1番得をしたのは、小銭に煩わしい思いをしなくてすむようになったことです。クレジットカードがなかった頃は、1円や5円の小銭がうっとうしくて仕方ありませんでした。1円や5円は、自動販売機で使うことができません。レジで財布から出そうとすると時間がかかります。千円札で支払いを済ませれば、小銭は財布の中に溜まっていく一方です。ポケットの中に小銭の溜まった財布を入れると、重いうえに嵩張るだけで何の得もしないのです。これらの煩わしさが、クレジットカードの登場で一変しました。レジでの決済は1分もかかりません。カードを渡してサインを書くのみです。財布に小銭が溜まるどころか、財布を持つ必要すらありません。カード1枚ポケットに入れるだけで、何でも気軽に買い物ができるようになったのです。

クレジットカードのリボ払い変更は躊躇われる

 クレジットカードを作成すると、そのクレジットカード会社から定期的にメルマガが送られてきます。メルマガは週に1回あるかないかくらいですのでそのまま受け取るようにしているのですが、多いのはリボ払い変更へのお誘いです。 クレジットカード会社からすれば、利用者がリボ払いを利用したほうが手数料を取れるので儲かります。クレジットカード会社が1人の消費者で継続的に利益を得たいなら、リボ払いに変更してもらったほうが良いです。 ただ、利用者側からすればそれは困ることなので、リボ払いへ変更しようとはなかなか思えません。それが便利で使いやすいのはわかるのですが、そのために手数料を払っていくのは躊躇われてしまいます。ですので、リボ払いへの変更は誘われてもなかなか考えられないのです。

クレジットカードを賢く使いこなそう

私にとってはクレジットカードは生活に欠かせないツールとなっています。手元に現金が無いときはもちろん、カード支払いでポイントもつきますしネット通販をよく利用するのでカード決済が早いし楽なので支払いは専らカードで済ませています。知人は普段のスーパーでの買い物で一万円を超えたらカードをきり、どこのカード会社かは分かりませんが利用金額に応じてギフトカードが送られてくるようです。カードなしで買い物していたら受けられる特典も受けられないので、賢く使いこなせるようになればしめたものです。海外に初めて行ったときに痛感したのですが、カードで支払いが主流だと知らなくて会計の時に小銭を探しているとどの店でも店員にかなりイライラされました。他の観光客を見てみると皆カードでスマートに精算していたので海外での買い物はこれからはカードで支払おうと思います。

自分にピッタリのクレジットカード選び

現在数え切れないほど多種類のクレジットカードがあり、雑誌などでベストなクレジットカードを選ぶ方法についての特集記事もしばしば見かけます。高還元率を誇るお得なカードというものはもちろんありますが、クレジットカードを選ぶ基準は、ある程度個々人の状況によるところが大きいのも事実です。デパートをよく利用する人ならそのデパートの提携カード、飛行機に搭乗する機会の多い人なら航空会社のマイレージカードが、まず候補として有力です。それにしてもクレジットカードの種類が多すぎて、本当に自分にとってピッタリの一枚を選び出すのは、かなり大変なことです。だからこそそのような特集記事がよく組まれるのでしょう。あなたにピッタリの一枚を選びますという商売ができても、おかしくないかもしれません。

クレジットカードの不正使用

先日、カード会社から連絡があり、「カードが不正使用されている可能性がある」ということでした。よく、個人のブログや旅行の体験談等でこうした「いつの間にかクレジットカードが使われていた」「クレジットカード会社から連絡があった」という情報は目にするのですが、まさか、自分にも発生するとは思っていませんでした。幸いにもクレジットカード会社の方が、カードの使い方に不審な点があったことからカードの請求前に確認の電話をかけてきてくれたので、不正使用の事実が確認でき、自分への請求には到りませんでした(仮に請求されても、きちんと話をすれば大丈夫のようですが)。心当たりとその直前で2件ほどネットでクレジットカード決済したものがあるのでそこから流出した可能性が考えられます。以前から、ネット決済用のクレジットカードはメインのクレジットカードと使い分けていましたのでクレジットカードが再発行になっても大きな問題はなかったのですが、やはり、ネットでの決済に関してはクレジットカードで簡単に決済できる便利さと同時にクレジットカード情報を盗まれ、不正使用される危険性も再認識しました。

しっかり調べて最適なクレジットカードを選択

 クレジットカード選びに失敗すると、使わない余計なクレジットカードを所持することになってしまいます。使わない余計なクレジットカードを所持したからといってそれで何か直接の被害を受けるわけではありませんが、使わないなら持っていなくても同じなのでそれはなるべく回避したいところです。 とにかくクレジットカードが持ちたいという一心でろくに考えずにクレジットカードを決めてしまうと、選択に失敗してしまいます。そうすると後から「やっぱり違うクレジットカードが良かったなあ」と思ってしまいますので、そうならないようにしなければいけません。特に初めてクレジットカードを選ぶときは知識に乏しくてどれが1番良いのかわからないのかもしれませんが、なるべくしっかり調べて最適なクレジットカードを選択しなければいけないのです。

漢方スタイルクラブカードの改悪

ポイント還元率といえば、漢方スタイルクラブの1.75%還元でしたが、ついに1.5%に引き下げられてしまいますねー。
同じジャックスカードのREXカードも引き下げられてしまいますし、なかなかほかに代替え手段もんだいので、継続的に利用するしかなさそうですね。

クレジットカード現金化でお金を準備する

クレジットカードは審査が通らないとカードが発行されないので落ちると嫌な思いになります。同じようにお金に困ったときにも金融業者からお金を借りようと思ってもまずは契約のための申し込みをしなければならず、そのためには審査に通らないといけないのです。その審査を受けずにお金を準備できる方法があり、それがクレジットカード現金化というものです。これは専門の業者がいて、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入、そしてそれを売ることでお金を手にできるというサービスであり、違法ではありません。これを方法を利用すれば、金融機関からお金を借りなくても少しの金額であればなんとかなるのです。とはいえ、ショッピング枠内のみですので、その点を確認する必要があり、その枠を超えるほどの金額を準備することはできません。